​ストーリー

世界は悪魔の神、天使の神どちらかを打ち滅ぼすか

古来から染みついた伝説により無限の闘争が広がっていた。

今まさに邪悪がはびころうとせん時、この世界に一つの光が舞い降りた。

かつて魔王となるものが存在していた時の話である。

ある村が魔王軍に襲われ焼き払われた。

人々は虐殺され、炎に焼かれた。

​焼け焦げた村に雨が降り注いだ。まるで天がそれを見ていたかのように

教会で幼き魂が、天の神へ向かい。願い続けていた。

しかし答えは虚しく、静まり返るだけであった。

村は鎮火し、焼け焦げた教会で永遠の祈りをささげる少女に

光が舞い降りた。

少女は願う。”神が救わないのであれば、自分が救う。”と

光は少女に導きの光の剣を与えいずこかへ消え去ったという。

そして時は5年たち。魔王も討伐され

​少しの間世に平和が訪れた。

 黒い涙と護るべき命と - AI/D’elf
00:00 / 00:00